オセロ -元!級位者の咆哮完全版-

純度100%オセロブログ!オセロのことしか考えられない

owc day3

いよいよowc2013も day3 を迎えました。
決勝リーグに突入です。
決勝前に一度でも負けると脱落という超シビアな戦い。
僕も3日連続で仕事も家庭も放置し続けるというかなりシビアな戦いを強いられています。
僕はともかく、プレイヤーは泣いても笑ってもここで勝負がつきます。

優勝すれば「初代」owcチャンピオン。
初代のチャンピオンはそのタイトル戦が続く限り名前が語り継がれます。
そりゃー必死にもなりますね。

準々決勝

僕が会場に到着したらいきなり準々決勝もだいぶ佳境を迎えてました。
大会でも取材でも遅刻してますね僕。
組み合わせは以下の通り。

たおる vs 末國九段
岡本八段 vs David HAND
じゃんぷ vs 栗田七段
戸田七段 vs Arnaud Delaunay


DSC_4722


部屋に入室した瞬間の張り詰めた空気!
ちょっとこれは洒落になりません…。

僕の取材メモには「まるで受験生のいる部屋だ…」みたいなクソ陳腐な文字が書かれていたんですが、よく考えたら僕(と東京ブロックのT橋永三段)が通っていた東京都立O川高等学校の入試の時は試験官だった教師が明らかに酒を飲んでて真っ赤でふらふらしているというどうしようもない経験しかなかったので不適切な例えであります。

「まるで入社面接の部屋だ…」みたいな表現も考えたんですが、僕が今の会社入るときの面接って一次面接で

「K出さん、格闘技やってるんですね…ほぼ合格です」

「???」


最終面接では、当時の社長がTシャツで登場。

「すいません!僕毎年フジロックとか行くんでその頃休みもらえませんか!」

「良いですよ」

というやり取りしかなくて一体何の会社受けたのかわからない経験しかないのでやはり不適切な例えであります。

まったく関係のない話をしてすいません。
とにかくすげえ緊迫した部屋だったということです。
そんな静寂が打ち破られたのがまずはタオルvs末國九段の戦い。

DSC_4758

「ああああ」「うおっしゃああ」などの声が突然鳴り響きました。
そして末國九段が苦悶の表情を。
なんと「終盤の魔術師」とも呼ばれ、オセロの石を返すスピードでも世界的に名が知られている末國くんがまさかの針落ち!
末國くん針落ちしたの初めて見ました。
タオルは完全に拾った感じでガッツポーズ。
これも勝負ですね。

DSC_4751

あと見届けてたのがじゃんぷさんvs栗田七段。
じゃんぷはいつも「栗田くんと菅生くんが苦手!」とか言いながら大事な所では毎回栗田くんに勝ってきたわけですが、今回は見事に栗田くんの勝利!
対局後の栗田くんのガッツポーズは実に自信に満ち溢れた素晴らしいものでした。


昼休憩

決勝リーグ進出者は準決勝の前に昼休憩があります。
対局室は張り詰めた空気といってもそこはオセラー。
結構みんなで和気あいあいとしています。
外国勢も一緒になって食事をしている風景は微笑ましいですね。

そんな中とある場所から不穏な空気が。
でかい紙袋を持った人がウロウロしています。
よく見ると…。

BlogPaint

坂口九段wwwwwww

あなた何しにきたんですが出場資格ないでしょwww
例によって突っ込みまくろうと思ったんですがちょっと観察してみると…外国人にまた本売りつけてますwww
坂口さんほんと日本語読めない人に日本語の詩集売るのやめてください!
イタリア人に日本語読ませるのは(しかもあの内容)難し過ぎますww

ちなみに押し売りされそうになってた彼に「Did you buy it?」って聞いてみたら「No! Because I can't read Japanese.」。
賢い選択です。
「Good Work!」と答えておきました。
「日本語勉強してるからさ、読めるようになったら買うよ!」と言ってました。
それまで在庫があるか不安ですね^^



そしてもう一人。
不穏な空気出している人がいました。
それは現WOCチャンピオンの”史上最強”じゃんぷさん。
「88オセロでもグランドオセロでも何でも構わないから出させてくださいよ!ヒマなんですよ!」と叫んでます。
準々決勝で負けてしまうともうやること無くなっちゃってヒマだそうですwww

かわいそうなのでスカイツリー内遊びに連れて行きました。
スカイツリーの1階で「Othello Speedway」のイベントをやってたんですよ。
石返しなら一般の方でも楽しめる、という企画だと思いますがなかなか盛況でした。

DSC_4925


コンパニオンさんのコスチュームが大変よろしい素晴らしい!!

DSC_4893


見つめるじゃんぷさん。
僕いつもじゃんぷさんに「女子のショートパンツって何かエロいよな!」「生足もいいけどタイツもなかなかいいよな!」みたいなことを言い続けてたんですが、あまりにも言い過ぎたせいか「はい…良いです…」って言い始めてしまいました。
女性の脚部に魅力を感じるのはおっさんの始まりという話なんですが大丈夫なんですかね。

何か怖い雰囲気の若者集団が。
「オセロ石返し興味あるの?」って声かけたら「やってみてえっす!でもできねえっす!」とか言っててかわいいなあと。
面白くなりそうだったので、じゃんぷを指さして「こいつオセロの世界チャンピオンだよ」って言ったら若者連中「マジで!」「すげええええ!!」「かっこいい!!!」とテンション爆発。
記念写真撮りたいというので撮影してあげました。

DSC_4915

チャンピオン、カツアゲでもくらってるんですかねこれ。

DSC_4904

しかしじゃんぷはさすが有名人。
その場にいた若い女の子から「ファンなんです!!」と言われましたマジか。
おれだって水戸若獅子戦チャンプなのにそんなこと言われたことないぞ。
「サインしてください!」と言われて恐る恐るサインするじゃんぷ。
よく見てみると…。

DSC_4906

これはwww日本語に非ずwww新語発明wwwwww
オセロのやり過ぎで脳の言語を司る部分がおかしくなっちゃったみたいです。
こんな感じでじゃんぷさん励ましておきました。

準決勝


いよいよ準決勝です。
タオルとフランスのおたく、栗田くんと岡本八段という熱い組み合わせです。

DSC_4787

完全に余裕を見せるたおる。


DSC_4791

無視!


DSC_4828

吐き気?

DSC_4802

「うっ…こいつゲロはくの…?」


などなかなか熱い精神的な戦いがあったようですが、みごとタオルの勝利!

DSC_4835




そしてもう一つのテーブルは岡本栗田戦。

DSC_4789

栗田くんが英語で見事に立会人と喋ってる!
そういえば栗田くんも岡本くんも英会話できるんだよね。
そういえばWOCの時の高梨さん。
英会話は全部2人に頼んでたとか・゚・(ノД`)

DSC_4797

後ろに暇そうなオッサンが写ってます。

DSC_4822

栗田くんかっこよく写ってるじゃん!
OWCポスターをうまい具合にぼかしとるやろ〜。
誰か俺の写真テク褒めろ〜。
とか思ってるうちに勝負あり!
岡本くんが決勝に進出となりました。
熱い戦いが続きますね〜。

決勝前


DSC_4874

岡本くんと末國くんがおもむろに座り始めました。
そして僕のために先ほどの一戦を解説してくれました。
なんと贅沢な時間!
末國九段は

「あ〜、小出さんくらいのレベルだとこれがわからないわけね!うんうん!」

などと陵辱的な言葉を浴びせられつつも結局話の9割方が何言ってるのかわかんなかったので今後はもう少しレベルを下げて話して頂けると助かります。

DSC_4886

高梨さん(´;ω;`)
なんか蚊帳の外みたいですよ(´;ω;`)
一応WOCチャンピオンなんだから気にしないで(´;ω;`)

DSC_4936

ロビーでの一コマ。
これから決勝二番勝負を戦う2人が同じテーブルで研究しあってるのも面白いですね。
一方さっさと敗退して「ただの人」になってる末國九段は飯食ってます。
もう一人のただの人である高梨九段はスマホで後輩リア充女子とTwitterでいちゃいちゃしてます。
格差社会とはこういうことを言うのですね。

DSC_4951

イケメンとタオル。
冷静に考えると制服でオセロ会場に現れるとか頭おかしいw

DSC_4943

小出先生!
ラジオの取材受けてます。
なんかすげーかっこいいこと言ってるさすがおれのお父さん。

まあこんな感じでうだうだしてたんですが、いよいよ決勝開始の時刻が迫ってきました。
決勝に参加するたおると岡本くんが入室してきました。
「ちょっとそれっぽく入ってきてよ」というリクエストにより格好つけて入ってくる2人。

DSC_4995

扉あいて入ってくる2人。

DSC_4996

おっ、良い感じ。

DSC_4997

たおる貫禄あるね〜。

DSC_4998

???

DSC_4999

「無理ですよ〜〜wwww」

テレビカメラも入ってるからちょっとカッコつけて入ってこい、って言われてるのに耐え切れなくなり爆笑する2人w
まあかわいいからいいかw

DSC_5021

実は対局前、こんなにたくさんの人がいました。

DSC_5027

そしていよいよ対局開始!

勝戦


第一回OWC決勝戦は二番勝負で決まります。
二番勝負って考えようによっては際どいですよね…。
一回目に負けたら、次は大勝するためにどうしても荒いオセロになるかと。
できれば三番勝負がいいですね。

DSC_5067

この世界ランクもなんか不思議だな。

DSC_5062

たおる必殺両手数え。
両手動かすといいんです!とかわけのわかんないこと言ってました。

DSC_5084

噂の「長谷川会長の心眼で見るオセロ」を間近で捉えることができた!
実に感慨深いです。

DSC_5077

決勝1回戦、序盤から優勢を築いた伊藤六段の勝ち!
とにかく絶好調です。
あとから話を聞いたんですが、day2の「もう一敗もできない」という所から突然覚醒し始めたらしく一気に調子上げてきたみたいです。
岡本くんは確か予選・決勝リーグ通じてこれが初の敗戦。
鬼のような強さを発揮してきただけに意外でした。

DSC_5188

ロビーに出てみると、先ほどの「ただの人コンビ」が熱く解説をしていました。
もうちょっと彼らの話聴きたかったんですがやむなく僕は取材のためにすぐに戦場に戻りましたね。



DSC_5110

決勝2回戦。
水をとにかく大量に持ってくる伊藤六段。
対局中、水もチョコも死ぬほど食ってますw
決勝終了後岡本くんが「あのチョコの食い方反則でしょww」と言っててだいぶ笑わせてもらいました。
たおるはオセロ中チョコ食わないと死んでしまうので仕方ないのです。

DSC_5093


DSC_5123

大差勝ちしないといけない岡本くんは序盤からしかけまくります。
もちろん僕みたいな棋力の無い人間にはわかりませんが、伊藤六段は岡本くんの仕掛けにも冷静に対処して圧倒的に優勢を築いていってるような感じでしたね。

DSC_5215


DSC_5242


DSC_5220


そして圧倒的な強さを見せた伊藤六段がそのまま寄り切り!
初代OWCチャンピオンに輝きました!
そして七段昇段!
いや〜、すげーもん間近で見せてもらいましたよ。

DSC_5246

終局後すぐに取材をうける伊藤七段。
ラジオで使われるそうです。
ラジオ番組のためにオセロ語るって難しいよなw

DSC_5280

北関東の雄、伊藤七段と栗田七段の熱い抱擁。
世界チャンプと3位がいるとか北関東ブロック強すぎだろww

とまあこんな感じでくそ熱い三日間の戦い。
まさかのダークホース伊藤七段の優勝で閉幕。
正直タオルが優勝すると予想してた人はあまりいなかったんじゃないかと思います。
本人も言ってたんですが、じゃんぷや岡本くんのような天才肌ではないと思うんですね、彼は。
それでもしっかりと勝ち切るあたりやはりまだまだオセロは人間の勝負なんだなと痛感させられました。
これからもオセロは人間の勝負として歴史が紡がれていくと思います。
第2回OWCもシンガポールで開催されます。
これからも熱い人間の戦いを見せてもらえたらと思います!
選手の皆様熱い戦いをありがとう!

番外編


DSC_5289 1

この中島八段の姿…どこかで見たことが…。
これだ!!!

12717

(2006WOC水戸大会でふてくされる中島八段w)


DSC_5335

おまえただの人だろwww









というわけで更新遅くなってしまって本当にすいませんでした!
またオセロブログ頑張ります!