オセロ -元!級位者の咆哮完全版-

純度100%オセロブログ!オセロのことしか考えられない

準優勝!

c41d054a.jpg


りんかいチャレンジカップに出てきました。
ん~~、鷹さん準優勝
嬉しいです!
優勝のSこ二段と同勝ですが、ポイントも石差も掛け離れたので、準優勝で納得です。



いくつか収穫が。

まず先週の品川シーサイドオープンで、思わぬ敗戦を喫したkomachi二段をぼこぼこに殲滅!彼女は狸定石使いで、先週鷹さんは受けを知らずに悪手を打ち続け負けたのであまりにも悔しく、今週は狸ばっかり研究してました。リベンジしたかったので「komachiとやらせろ~~!」と大声で言い続けるという、「鷹さん、錯乱ですか?何かの罰ゲームですか?」と勘違いされる寸前の叫びの効果あってか、四回戦で激突。中盤で詰み!リベンジ成功!



続いては五回戦Sこ二段。上位陣皆が思っただろう。

「鷹!何かの間違いでSこを止めろ!」

と。Sこ二段とは公式戦初顔合わせだが、アフターオセロやらkurnikやらでボコボコにされており(オセロでもそして肉体的にも)、鷹さん一度も勝った記憶がない。その効果あってか、かなり油断したらしく緩手連発で勝利!ぐはは!嬉しい~~~♪



本日結果の詳細は後日書きますが、鷹さんは確実に、少しずつ強くなってるみたいです。終盤はまだまだヘボヘボですが、序中盤はある程度のレベルまで打てるようになってきました。今までコツコツとやってきた効果が現れてます。もっと強くなれそうなので、遠慮なく強くなっていこうと思います。



毎日読んでるブログに、プロ棋士の森信雄氏が書いてる「日々あれこれ日記」というのがありまして、先日の記事の中に、ぼくたち「盤上の勝負師」の心構えをバシっと書いてるくだりがあり軽く感動したので抜粋して紹介します。



考えてみれば、勝負の世界は屈辱と痛みと恥をかくことに慣れないと生きてはいけないものなのだ。そして決して気晴らしをしないことだ。

でも心の片隅でも、コン畜生という気概も持ってほしいと願う。
あほなプライドを持ったり、お上品になってはいけない。




泥臭く、実直にオセロに向き合っていきたいと思います。
2006下半期の鷹


※写真は帽子を被った、あまりの湿気でぼやけて見えるすたんず・ノダリュー氏